カテゴリー
解析

牝系導入 結論

このネタでこれ程記事を書く事になるとは思ってもみなかったのだが…

抹消馬も含み入力を進めていたのだが、半分くらい終わったので試しに集計をしてみた。

結果的には、ほとんどの馬主では該当がない、という結論になった。
社台ファームで一部の牝系で単回収値でプラスになる事はあったのだが…
結論として、牝系は馬主との相関はない、として良いだろう。
但し、名牝系の馬は勝利しているのも事実なので、加点の部分で活用しようと思う。
という事で、次はご当地馬主に移るが、これも加点で加味する程度の形になると思われる。
課題は既に馬券の買い方に移行しており、それぞれの買い目をどう買うか、考えねばならない。
いくつか課題はあって、、、
1.いつのオッズとするか?
2.いくらの収益を加味するか?
3.投資総額とのバランスはどうするか?
といった部分を整理せねばならない。
また、紐の部分は先週MY馬で実験してみたが、あまり良い結果とは言えないレベルだった。
まだ、課題はあるがいくつかの道は見えてきたので、頑張ろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。