カテゴリー
結果

京都結果

【芝】
11R G2 日経新春杯 竹園正継 テイエムナナヒカリ →12着

【ダート】
4R 4歳以上500万下 H.H.シェイク・モハメド コーカス →5着

まあ、結果は結果としてデータ蓄積して後に活かすしかないだろう。

昨日の加点軸の話の続き。

  1. 預託調教師
  2. 騎手
  3. 生産者
  4. 種牡馬
  5. 牝系
  6. ライン
  7. 馬主協会

実際に、少しやってみて悩んでいたりする。

中山競馬場過去10年で単回値80%以上(レース回数327回以上、芝・ダート別)として出してみる。

例えば、芝だとビッグレッドファームが出てくる。
ここから預託調教師の頭数順を出してみると、当然ある調教師の名前が出てくる。ただ、これは単に預託頭数が多いだけで、勝率が高い≒単回値が高い?、かどうかとなると、またそれは別の話だ。
では勝率順で出すか?ただそうすると頭数は絞り込まれ、精度という意味ではなはだ疑問となる。
預託調教師を単回値で集計するすべが見つからないところが問題なのだ。TARGETでそれが抽出できるのか、はたまた別のツールを使わねばならないのか。。。

TARGETで何とか出したいので、もう少しいじってみるしかないだろう。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。